代表挨拶|圏央ロジ株式会社

代表挨拶

代表挨拶

物流用語のなかに、「動脈物流」という言葉があります。

製品の原材料を調達したり、製品を消費者に提供したりするために、物資を流通させることを指す業界用語です。社会の「血管」を行き来する物流のなかで、私たち圏央ロジ株式会社は、主にトラックを用いての輸送業務を行っています。

人類は長い間、人力や牛、馬、船などを用いて、物資を移動させてきました。現代社会では、世界的にはタンカーや輸送機が長距離を移動し、モータリゼーションが発達した現代日本では、全国津々浦々までトラック等を用いた貨物輸送が発達しています。いまや、ネット通販で、買い物をすると、早ければ翌日にも消費者のお手元に届くことが当たり前にようになっていますが、日本の物流品質は世界でも類をみないほど高いものだと思います。

私たちは、運転のプロフェッショナルとして、現代社会が求めている姿に適応するよう努力を続けています。貨物輸送は、道路という公共の社会インフラの上で、仕事をしているという自覚のもと、事故を起こさない安全運転はもちろん、事故を誘引しないよう危険予知と回避に努め、環境に負荷をかけないよう省燃費運転を励行しています。これらの努力の結果が各種の認証取得に繋がっていますが、これは、当社の社員・ドライバーに対する社会の評価として、嬉しく思っていますし、今後も社会貢献の一つのカタチとして継続して取り組んでまいります。

一般の消費者の方々からは私たちの仕事は見えにくいものです。一般の方々が目にする機会といえば、道路を走っている当社名が入ったトラックを見ることくらいだと思います。ただ、私たちは、消費者にとって高い品質を維持している日本の物流における一翼を担っている自負を持っています。また、トラック輸送だけでなく、空輸・海上輸送の手配も行っております。「安全に、確実に、迅速、笑顔に」、お客様からの荷物をお届けするという物流業の本質を全うすることが、「お客様にお喜び戴ける仕事」になるという信念のもと、業務に邁進してまいります。

代表取締役社長 橋本 龍太郎

沿革

1991年 橋本龍太郎がトラック一台で運送事業を開始
2001年 圏央物流有限会社 設立
2012年 圏央ロジ株式会社に社名変更するとともに、資本金を500万円から1,000万円に増資
2012年 Gマーク認定 取得
2012年 グリーン経営 認証取得
2014年 平成26年度 東京都貨物輸送評価制度 三ツ星取得
2015年 プライバシーマーク 認証取得
2016年 資本金を1,000万円から1,100万円に増資